格安サーバー「エクストリム」の評判はどう??

料金に差がある理由

有料のレンタルサーバーは、おおまかに2種類のサービスにわけられます。

 

共用サーバーと専用サーバーです。

 

 

共用サーバーは、複数のユーザーが1台のサーバーを共有するので使用料は低くなっています。

 

サーバーマシンの管理も業者が行うので、ユーザーはサイトの管理だけに専念することができます。

 

 

ただ、値段の安いサーバーには1台のサーバーを、たくさんのユーザーで共有するところもあったりします。

 

そのため、使用できる容量が少なかったり、人件費を節約するためにサポート対応の質が悪かったりして不便なこともあります。

 

 

また、人件費の安い海外にサーバーを置いている会社の場合は、回線速度が遅くなったり、時差の影響でトラブル解決までに時間がかかることも多いです。

 

あと、1台のサーバーマシンを何人のユーザーに割り振るかで、料金が変わってきます。

 

適度なユーザー数で割り振るように管理されていると、共有サーバーでも殆ど問題なく利用できます。

 

 

専用サーバーは、1台のサーバーマシンを1人のユーザーが独占して使用することができます。

 

サーバーの性能いっぱいまで容量を使うことが可能で、一度にたくさんのアクセスが集中してもサーバーダウンなどの事故が非常に発生しにくいので、ネットショップを運営するなら専用サーバーを利用した方がいいと思います。

 

ショップ利用以外にも、趣味のサイトでたくさんの訪問者が予想されたり、いろいろなCGI機能を使ったりしたいときは専用サーバーを利用するといいでしょう。

 

その反面、専用サーバーは使用料がかなり高額となっており、OSや回線が限定される場合もあります。

 

PATH(パス)やディレクトリの管理や、CGIのパーミッションの設定など、高度な知識とPCスキルも多少必要となってきます。